子どもの未来づくり

さわだスポーツクラブは、
理論と研究に基づくプログラムを提供する
幼児体育指導の会社です。

1975年の創業以来、あそびによる成長を重視した指導を大切に
子どもの「こころ」と「からだ」の教育に携わってきました。

私たちは子どもの体育指導を「子どもの未来づくり」と捉えて取り組んでいます。

脳を含む「からだ」、自信や礼儀といった「こころ」、どちらにおいても、
幼児期の体験がその後の成長を大きく左右するからです。

さわだスポーツクラブには、「スポーツが好き!」「子どもと遊ぶことが好き!」、
そんな「好き」を土台に、子どもたちとともに成長していける環境があります。

さわだスポーツクラブの特長

スポーツを通して子どもの成長を支える

スポーツを通して子どもの成長を支える

これまでの運動経験や、教育に携わりたいという気持ちを存分に活かせる仕事です。学生時代にスポーツに力を注いだスタッフや、大学で教育を専攻していたスタッフも多く活躍しています。子どもたちの笑顔や「運動が好き!」という気持ちを引き出せた瞬間には、大きな喜びがあります。

理論と研究に基づくプログラム

理論と研究に基づくプログラム

ABC プログラム(Action Brain Circuit)は、子どもの脳と運動の関連性に着目して大学と連携して作り上げた、さわだSC独自のサーキット運動プログラム。限られた時間・空間の中で、しっかりと運動量を確保しながらも効率よく運動する方法を追求しています。このような長年の指導から培ったノウハウを習得し、現場で実践することができます。

風通しの良い社風と頼れると先輩社員

風通しの良い社風と頼れると先輩社員

子どもたちへの「想い」と確かな「技術力」を兼ね備えたスタッフが多く在籍し、スタッフ同士での気遣いができる文化があります。先輩社員への相談のしやすさについては若手社員から定評があり、先輩社員のサポートのもと、安心して指導技術を磨くことができます。

「三感&三育」の
スポーツ教育

さわだスポーツクラブが目指すのは三感&三育のスポーツ教育です。
子どもたちの「こころ」と「からだ」の教育を通して人間的5つの成長をバランスよく伸ばし、 人間形成を支援していきます。
楽しみながら運動することで、いつの間にか礼儀が身に付き、知的好奇心も活発になる。それが、わたしたちの目指す理想のプログラムです。

人間的5つの成長

社長メッセージ

あなたの人生チャレンジを応援します

子どもたちを褒めるときは、「できた」こと以上に「チャレンジした」ことを褒めるようにしています。それは、はじめのハードルである「チャレンジする」ことを繰り返すことができれば、自ずと「できた」に結びつくからです。

このことは、私たち大人にとっても同じではないでしょうか。私は同業他社で経験を積んだのちに、父の経営するさわだスポーツクラブに入社しました。その際、自分にとって「チャレンジ」と思える企画を多く任せてもらったことに感激しました。自分の活動の幅を大きく広げることができ、視座が上がりました。そして、私自身が社長を務めるようになり、社員みんながよりたくさんの「チャレンジ」をできる環境を作りたいと考えるようになりました。

チャレンジは会社の仕事に限ったことではありません。私たちが応援したいのは、一人ひとりの人生レベルでの「チャレンジ」。転職や結婚など、さわだスポーツクラブを離れる選択さえもチャレンジと捉え、会社での学びを自身の人生の中で役立てられるようサポートしていきます。

「子どもの未来づくり」を合言葉に社会貢献しながら、ご自身が望む人生をともに創っていきましょう。

澤田 康徳
取締役社長 澤田 康徳
取締役社長 澤田 康徳

OTHER CONTENTS

こちらもご覧ください